スポンサーリンク

第55話 竣工編-6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは。

引き続き竣工編、今回は2階部分をご紹介させていただきます。

2Fホール

2F廊下2

↑大きな吹き抜け窓の向こうがバルコニー。奥に見えるのがタタミコーナー兼室内物干し場です。その奥の勝手口からもう1つの小さなバルコニーへ出れるようになっています。

2F廊下3

↑これは上から1Fホールを見下ろしたところですね。三角のカウンターの下が収納で、掃除機などがしまわれています。

2F廊下1

↑階段あがってすぐに手洗いコーナーがあります。上部の窓は、現状隣家が近接しておらず青空が見えてとても明るいのですが、いつか建物に遮られてしまうのが怖いです…、でもこればっかりはね。。カウンター下のカーテンの中も、小物用に可動棚を設けています。

2F手洗い

↑手洗いコーナーは割りと大きな業務用っぽいボウルを採用していたので、2人目の子供が赤ちゃんの時に沐浴に使っていたりしました。シャワー水洗も付けていましたので。手洗いコーナーは将来、1Fの洗面室が朝混み合った場合などを想定したもので、鏡なども付けていますが、今のところは使用頻度少なめです。

2F廊下4

↑右手のドア2つが子供部屋の入口で、中は現在はつながった1部屋になっています。その向こう、廊下収納があり、布団などがしまわれています。

2F廊下5

↑奥のタタミコーナーから手洗いコーナーを見たところ。右手にあるのがバルコニーの出入り口です。

タタミコーナー

畳コーナー2

↑リビングの吹き抜けとつながっています。吹き抜けの窓から、北側お寺の境内を一望できるのはなかなか良い感じです。1階の暖房使用時などは、腰壁上のカーテンを閉め、効率低下を緩和したいという考えです。勝手口の向こうが植栽を置いている小さいほうのバルコニー。

大きいほうのバルコニーやこのタタミコーナーで洗濯物を干していることが大半なのですが、洗濯機は1Fなので、その動線解消にこの吹き抜けを利用した滑車のような吊り上げシステムを計画したいなと一時思っていたのですが現実化には至っていません(笑)。

畳コーナー1

↑天井に埋込み型の物干しバーを設置してあり、操作棒でバーが上下します。

格子ベランダ

↑こちらが小さいほうのバルコニーですね。ここにも水道を設置しておけばよかったと後悔しています。大きいほうのバルコニーからホースを引っ張ってきて水遣やりしていますので。

寝室

寝室1

↑ブラケット照明はヤコブセンランプ。いま思えば新築工事というスケールの中で金銭感覚が麻痺していたんだなぁと思いますが、そんな時ぐらいでないと奮発する機会もないですからね(笑)。枕元のスイッチで各照明の操作やダウンライトの調光ができるようにしてあります。ベッドは、子供2人も一緒に寝れるように現在は拡張工事してあります。

寝室2

↑作業用のカウンターと、その上に造作棚。奥さん用です。左手がウォークインクロゼットになっています、奥さん用です。見えませんが右手にも小さいクロゼットがありそちらがワタシ用です。掃き出し窓からは大きいほうのバルコニーに出れますので布団などを干せます。このバルコニーに寝室からも、室内干しをするタタミコーナーからも出れるようにできたのは良かったなと思います。

子供部屋

子供部屋1

↑散らかっていますが、現在はさらに物置およびおもちゃ置き場と化しています。子供部屋として使うのはもう少しあとですね。分かりにくいですが、現状2室分一体となっていて、将来的に壁で仕切ればいいかなと考えています(その場合5.25畳ずつとなります)。

子供部屋2

↑ちょうどこれくらいが1部屋分ですね。こちらもお寺の樹木が見えるので良いなと思います。北西側ですがわりと明るくてよかったです。

以上、建物のほうはこんな感じでしょうか。

次回は、外構部分について現在も踏まえ少しだけご紹介できればと思います。

ありがとうございました!